マンションの売却を決めた

値下げせずに売却することができた

23年前に30年ローンで4LDKのマンションを購入しましたが、今住んでいる地域と同じ場所で一戸建てが有ればマンションを売却しようと考えていました。 ローンは繰り上げ返済をしましたが、全額返済出来ていないのでマンションの売却金額と一戸建ての購入金額の差額をローンで組んだ場合の返済額を算出しそれをもとになるべく理想に近いい一戸建を捜すことにしましたが、素人では何も出来ないし、変な不動産屋会社とかかわりたくなかったのでマンションを購入した不動産会社に相談しました。 不動産会社からは、売却金額の相場をききましたが、私の勤めている会社の同僚から、大手不動産会社2,3社から見積を依頼した方が良いと言われ、合計3社から見積を取得したところ安いところと高いところで100万円以上の差額がでました。 この差額を詳細に調べて処、マンションの不動産価格はどこの不動産会社も価格の差は15万円程度でしたが、手数料に大きな差の有ることが分かりました。 大手不動産会社は、売却手数料とその物件を販売する手数料を案分し、計算するため諸費用が安くなることが判明しました。 マンションの売却には、手数料の他に固定資産税や不動産登記の変更、銀行への届け出などその他の手続にかなりのお金が必要となりますので、一括で任せられる不動産会社に依頼することが重要だと感じました。

良いマンションを購入したのに会社が倒産した | 条件がいい物件だから売却はスムーズに進んだ | 値下げせずに売却することができた | マンションを売却しました。